2017年11月7日火曜日

アレルギー性敏感肌の原因と対策

免疫機能は、体内に浸入した異物を排除するもので、人間が生命を保つためには欠かせない生理機能ですが、この免疫反応が何か特定の物質に対して過剰に反応して起こる免疫疾疾患をアレルギーと言います。

アレルギー症状を引き起こす物質をアレルゲンといい、食べ物、動物、杉やヒノキなどの植物、金属、ハウスダストなどさまざまなものがあり、その症状は、咳、やクシャミ、皮膚の痒み、湿疹などさまざまです。

何らかのアレルゲンが原因でアレルギー症状が肌に出ると、アレルギー性敏感肌となり、湿疹や赤み、痒みなどの症状がでます。これは、体が特定の物質を有害とみなし、排除しようとアレルギー反応や炎症が起こってしまうものです。

対策としては、まず、自分がどんなアレルギーかを知ることが大事です。食物からであったり、空気中の花粉だったり人によって様々だからです。

それを知るためには、血液検査が必要です。これによって、自分のアレルギーが特定できると、アレルギー症状を引き起こす原因物質を遠ざける事ができます。

そして、原因物質がわかっていれば、化粧品を選ぶ時に含有している全成分を確認し、使用することが可能かどうかを判断することができます。

「メディプラスゲル」は【敏感肌専用】のオールインワンゲルです。

0 件のコメント:

コメントを投稿