2018年6月1日金曜日

膝の痛みを和らげるには

長い時間散歩をしたら、なんとなくヒザがだるくなったといった経験をお持ちの方は要注意です。

ヒザは日々の生活での負担や筋力の低下、それに老化現象が加わることで、ジワリジワリとヒザに痛みが出る状態へと近づいていきます。そして、いつものように階段を上り下りする時に、「痛っ!」とヒザに痛みが走り、ついには、ヒザが腫れて何度も水がたまり、これを放置しておくことでヒザが変形したりと、ヒザ疾患を招いてしまいます。

このような重症にならないためにも、ヒザ痛の症状がある人だけでなく、今のところ症状がない人も早めにケアを考えたいものです。

ヒザ痛の原因と対処法として、まず大切なことは、自身のヒザへ意識を向けることです。

「階段の上り下りがつらい」「正座をすると違和感が出る」「歩くとヒザが痛くなる」「ヒザの曲がり方が左右で違ってきた」「ヒザが腫れぼったい」「イスから立ち上がる時にヒザが痛い」など、今までのヒザとどこか違うということに、早めに気が付くことが悪化を防ぐポイントです。

こうしたヒザの症状の多くは「変形性ヒザ関節症」であると言われ、長期にわたり徐々にヒザの軟骨がすり減り、ヒザへの負担が増すことで、痛みや変形が進行する疾患で、老化が始まりヒザを動かす筋力の低下が見られる率の高い中高年に多いのです。

シップや塗り薬、痛止めは、一時的な対処にしかならないケースもあります。痛みが繰り返されないようしっかり改善させるには、ヒザへの負担を軽減させる予防法が大切。

ヒザを支える筋肉の弱化予防のためにウォーキングや、O脚改善のためにモモやお尻の筋力UP、ヒザへ負担のかかる激しい運動の制限、肥満傾向の人はダイエットなども有効です。

さらに、体の中からのケアも回復を早めるポイントです。ヒザの軟骨に重要なコンドロイチンを摂取し続けることで、軟骨のすり減りによる痛みの緩和が期待されます。ヒザに違和感が出たとき、早めにコンドロイチンを摂取すると、関節軟骨の柔軟性や表面をなめらかに保つ効果が期待できるでしょう。

軟骨成分サプリ【ロコモプロ】は【86%】が関節や腰の痛みに効果を実感♪

2018年4月11日水曜日

二の腕を細くするには

二の腕は加齢に伴ってたるんでいきますが、体重が余り増えていなくても、ぷるぷるとしております。

夏にすっきりとノースリーブから二の腕を出したいという人は、簡単エクササイズによって改善することが出来ます。

■ペットボトルを使ったエクササイズ

500mlの空のペットボトルに水を入れ、ちょうどよい重さになったら両手それぞれペットボトルを持ちましょう。

直立して、二の腕に力が入っていることを感じながら、そのまま後ろに手を引きます。

これを毎日5分程度続けるだけでもほっそりした二の腕が手に入ります。

■ねじりエクササイズ

直立した状態で両腕を横に広げ手のひらは前向きにし、そのまま手のひらを裏返します。

手首だけひねるのではなく、肩、肩甲骨も動いていることを確認しながらしっかりとねじります。次に、反対側に同じように手をねじります。

これを、10回1セットとして、毎日、2セッずつ行うと、二の腕がほっそりしてきます。

■上半身を起こすエクササイズ

テレビを見ながら手軽に出来るのが、このエクササイズの特徴で、三角座りの状態から後ろに手を置き、そのまま上半身を起こすだけです。

これを出来るだけ長時間行いましょう。テレビを見ている間だけ、あるいは、CMの間だけ行うと、精神的な負担になることなく続けることが出来ます。これを継続していけば、二の腕は徐々に痩せていきます。

「美ルルキャビ」で二の腕痩せ♪

2017年11月7日火曜日

アレルギー性敏感肌の原因と対策

免疫機能は、体内に浸入した異物を排除するもので、人間が生命を保つためには欠かせない生理機能ですが、この免疫反応が何か特定の物質に対して過剰に反応して起こる免疫疾疾患をアレルギーと言います。

アレルギー症状を引き起こす物質をアレルゲンといい、食べ物、動物、杉やヒノキなどの植物、金属、ハウスダストなどさまざまなものがあり、その症状は、咳、やクシャミ、皮膚の痒み、湿疹などさまざまです。

何らかのアレルゲンが原因でアレルギー症状が肌に出ると、アレルギー性敏感肌となり、湿疹や赤み、痒みなどの症状がでます。これは、体が特定の物質を有害とみなし、排除しようとアレルギー反応や炎症が起こってしまうものです。

対策としては、まず、自分がどんなアレルギーかを知ることが大事です。食物からであったり、空気中の花粉だったり人によって様々だからです。

それを知るためには、血液検査が必要です。これによって、自分のアレルギーが特定できると、アレルギー症状を引き起こす原因物質を遠ざける事ができます。

そして、原因物質がわかっていれば、化粧品を選ぶ時に含有している全成分を確認し、使用することが可能かどうかを判断することができます。

「メディプラスゲル」は【敏感肌専用】のオールインワンゲルです。

2017年7月24日月曜日

精神的不安による睡眠不足対策

妊娠が判明して出産するまでの間は、これから予想される変化に不安を感じることがあります。

妊娠すると、自身の体が勝手に変化していきますが、これに不安を感じたり、つわりなど予測できない症状にストレスを感じるようになれのす。

こうした妊婦の体の変化に前向きに捉え、周囲の協力が得られることで不安が解消することもありますが、頑張ろうとするあまり余計に疲れたり、不安が消えないことも決して珍しいことではありません。

こうした精神的な不安も、つわりが解消したり、お腹の赤ちゃんが元気に成長していることを実感したりすることで解消できることもありますし、自分自身の考え方が変わって出産に臨むことで解消することもあります。

このように、妊娠中の精神的不安の原因は人それぞれなので、解消法も決まったものがあるわけではありませんが、睡眠時間が足りない時は、昼間にゆっくりとリラックスできる時間を作ったり、周囲に相談したり、あるいは、気分転換に何かを始めることも効果的です。

また、なかなか寝付けない時は、ウォーキングや運動で適度に体を動かすことで深い眠りにつきやすくなります。

西川リビングの【はっぴーマム】

2017年5月25日木曜日

レコーディングダイエットの注意点

レコーディングダイエットの方法は、「食べたものを記録していくだけ」というシンプルなものです。

このため、一見、簡単そうに見えますが、注意すべきポイントを押さえて実践しないと、正確なデータが取れなかったり、上手くいかなかったりします。

ます、計測時間は合わせることが大切です。特に、体重の計測は、可能な限り測る時間を同じくらいに合わせましょう。

夜に測った体重と朝に測った体重は、条件がかなり違うのでバラつきが出やすいため、できれば、朝と夜の2回ほど体重を測るようにして、朝と夜のそれぞれの体重の変化を見るようにすると良いでしょう。

起床時間や帰宅時間はほぼ同じであれば、「朝、起きたらすぐ」「仕事から帰ったらすぐ」と、体重を測る時間を決めることができます。

体重は食事前に測りましょう。食事をした後に体重を測ると、食事の内容によって、体重が上下してしまいます。

毎日同じものを一定量食べているのであれば問題はありませんが、そうでない場合は、体重が動いてしまいます。

これによって、本来の体重からズレが生じてしまうと、レコーディングダイエットの効果が半減してしまいます。

こうしたズレを無くすためにも、体重を測るのは食事を食べる前に行うのがベストなのです。

特に朝は、トイレに行ってから体重を測りましょう。便が体内に残っている状態で測ると、体重が重くなってしまいますし、前日の食事量によって、バラつきも大きくなります。

このバラつきも、レコーディングダイエットの大敵ですから、空腹で何も食べたり飲んだりしない状態で、トイレに行ってから体重を測りましょう。

「ローカロ生活」は【置き換えダイエット】にピッタリ!!

2017年4月4日火曜日

保険の長期間放置は危険です

あなたは、保険には、もう加入しているので、保険の見直しなんか必要ないと思っていませんか?

このように、長い間、保険の見直しを行うことなく放ったらかしにしていると、知らない間に、生活環境の変化によってもう必要無くなった保障や、ダブった保障のために、無駄な保険料を支払っているなんてことになりかねません。

加入した時に、どんなに割安であった保険料でも、数十年に渡って支払い続ければ、何十万円も損をしてしまうことだってあります。

また、現在、加入している保険が、「万一の時に本当に役に立つのか?」、「保険料は適切なのか?」「保障内容は十分なのか?」について無関心だと、いざというときに、「こんなはずではなかった!!」と後悔することにもなりかねません。

保険を見直しをすることによって、「保険料の節約」が出来て、「自分に必要なピッタリの保障」を手に入れることが出来るのです。

もし、あなたが、「今払っている保険料が高いので見直して節約したい」、「何十年も前に加入した保険をほったらかしにしているので一度見直したい」、「同じ保障がダブってるので見直してシンプルな保険にしたい」と考えているなら、「保険の見直し無料相談サービス」に相談しましょう。

保険の素人が、どの保険が自分にとって本当に良いのかを判断することは困難です。「餅は餅屋」と言いますが、保険のプロに任せたほうが楽だし、割安な保険料で安心の保障を手に入れることができます。

保険見直しなら「保険マンモス」に無料相談!!

2017年1月6日金曜日

黒酢は食中毒や糖尿病にも有効

冷蔵庫など無かった時代、夏の暑い時期に食べ物が腐るのを防ぐため、酢を使っておりました。今では、日本食の代表的なものになったお寿司などはその典型的な食べ物です。

黒酢などの米酢には、病源菌に対しては、チフス菌やパラチフス菌は10分で、赤痢菌は25分で、大腸菌は30分で死滅させる殺菌作用があります。

また、食中毒を引き起こすサルモネラ菌、化膿性ブドウ状球菌、腐敗肉中毒菌などは5分で、好塩菌に至っては僅か1分で死滅させると言われております。

このように、黒酢などの米酢には強力な殺菌力があり、腐敗菌の繁殖を抑えて防腐作用を発揮します。

こうした、殺菌・防腐作用は、酢中に多量に含まれる有機酸の働きによるものです。

また、黒酢などの米酢は、糖尿病の予防・改善にも役立つと言われております。

黒酢を積極的に利用することによって、生活習慣病にかからない健康的な生活を実現することができるのです。

黒酢成分を定期的、安定的、かつ習慣的に摂るためには、黒酢サプリメントが便利です。

三黒の美酢の【黒酢ダイエット】は顧客満足度92.4%!!